岐阜大学動物病院

採用情報

非常勤獣医師の職務・研修内容

岐阜大学動物病院の特色ある職務・研修内容を紹介します。

腫瘍科の非常勤獣医師の場合

腫瘍科では、腫瘍性疾患の診断および治療において、高度な手技および知識を持った獣医師の育成に力を入れています。以下は、腫瘍科に勤務する非常勤獣医師の主な職務・研修内容です。

1. 診断法

基本的な生検方法から、超音波ガイド下生検、CTガイド下生検等、個人の能力に応じて直接指導します。また、病理学教室と連携を取り、細胞診についても、実際の症例を通して指導を受けることができます。

2. 治療

腫瘍科にて外科治療、化学療法、放射線治療を行っていますので、まんべんなく治療法について学ぶことができます。また、毎日診察終了後には、すべての症例についてディスカッションを行っています。

3. 外科手術

個人の経験、能力に応じて指導します。

4. 腫瘍科の年間のべ診察件数

現在約6,000件程度ですので、多数の症例について経験することができます。また、飼い主さまとのコミュニケーションについても十分な経験を積むことが可能です。

5. その他

学会出席への補助があります。また、貴重な症例については、学会および雑誌への発表をしていただきます。