岐阜大学動物病院

診療

岐阜大学動物病院 診療科目:内科

岐阜大学動物病院では難治性の内科疾患、特に皮膚疾患(前田)、不明熱(前田)、血液疾患(鬼頭)、寄生虫性疾患(高島康弘)、内分泌疾患(西飯)、泌尿器疾患(高島諭)、末梢神経・筋疾患(小畠)の診断、治療に対応できる体制を整えております。詳細に関しては下記の獣医師紹介をご一読のうえ、診断または治療に苦慮されている内科疾患がございましたらぜひとも本院をご活用頂ければと思います。

内科の獣医師紹介

獣医臨床放射線学研究室

前田 貞俊Sadatoshi MAEDA

  • 産学官連携・共同研究
  • 受託検査
専門分野
  1. アレルギー性疾患(アトピー性皮膚炎、食物アレルギー、喘息)
  2. 各種皮膚疾患(副腎皮質機能亢進症および甲状腺機能低下症を含む)
  3. 自己免疫性疾患(不明熱を含む)
  4. 画像診断(エックス線診断、超音波診断、超音波ガイド下生検)
特徴または長所
  1. アレルギー性疾患の診断・治療
    アレルギーに対する客観的診断法の一つとして、フローサイトメーターを用いた検査を取り入れており、正確な診断および治療効果の判定が可能となっています。アレルギー診断後は、皮内反応試験や血清IgE検査の結果をもとに減感作療法などの抗原特異的免疫療法も実施できます。
  2. 各種皮膚疾患の診断・治療
    感染、角化異常、内分泌異常および免疫異常に起因した皮膚疾患の診断および治療も得意としております。外用剤を用いた治療はもちろんのこと、内科的治療にも力を入れています。
  3. 各種自己免疫性疾患の診断・治療
    末梢血リンパ球サブセット分類または血中炎症マーカー検査を用いた自己免疫性疾患(免疫介在性多発性関節炎、SLE、天疱瘡など)の診断と各種免疫抑制剤を用いた治療を得意としています。
  4. エックス線または超音波画像送付による遠隔診断システム受託検査
    読影希望の画像がありましたら電子メール(sadat@gifu-u.ac.jp)または郵便にて写真またはビデオ(DVDが好ましい)を送付してください(有料:3,000円)。原則として即日、読影所見を電話でお伝えするとともに、後日読影レポートを発行しております。
連絡先 動物病院事務部まで
獣医寄生虫病学研究室

鬼頭 克也Katsuya KITOH

  • 産学官連携・共同研究
  • 受託検査
  • 教授の授業
専門分野
  1. 止血異常(出血傾向・血栓傾向)
  2. 貧血(IMHA・PRCA・NRIMA、感染性、etc.)
  3. 造血系血液異常(骨髄検査・血球形態学的検査)
特徴または長所
  1. 止血異常
    止血機能スクリーニング検査として出血時間、プロトロンビン時間(PT)、活性化部分トロンボプラスチン時間(APTT)、血漿フィブリノゲン濃度、トロンボテスト、ヘパプラスチンテスト、フィブリン分解産物(FDP)などの測定を行います。また、受託検査では、血液凝固因子活性を測定して血液凝固異常を診断します。
  2. 貧血
    貧血の病態を正確に把握して適切な治療法を提案します。
  3. 造血系血液異常
    骨髄検査、血球形態学的検査を実施します。また、受託検査では、これらの標本を診断します。ご希望の標本がありましたら郵便(宅配便)にて送付してください。
  4. トロンボエラストグラフならびに血小板凝集能、血小板粘着能の検査機器を導入しました。今後、紹介の患者さまを対象に、これらの検査を受託してまいります。

メッセージ

  1. 血液凝固の依頼検査を希望される場合には、3.8%(または3.2%)クエン酸血漿を冷蔵(午前中に届く場合)あるいは冷凍(できれば-20℃以下)でお送りください。
  2. 講義、出張等で緊急の対応ができない場合がありますのでご承知おきください。
連絡先 研究室(058)293-2866 または動物病院事務部まで
獣医寄生虫病学研究室

高島康弘Yasuhiro TAKASHIMA

専門分野
  1. 寄生虫感染症
特徴または長所

原虫を含む寄生虫感染症の診断・治療を行っています。

  1. トキソプラズマ、ネオスポラ等の血清学的検査
  2. 住血性原虫の診断、治療

メッセージ

  1. 原虫に限らず寄生虫全般に関して、駆虫がうまくいかない、寄生虫 感染症を疑うが確定できないといった症例がありましたらご相談く ださい。症例によっては直接来院いただかなくとも対応できる可能性があります。受診が困難な遠方からでも、まずはお問い合わせいただければと思います。
  2. 講義、出張等で緊急の対応ができないことがありますのでご承知おきください。
連絡先 研究室(058)293-2956 または動物病院事務部まで
獣医内科学研究室

西飯 直仁Naohito NISHII

専門分野
  1. 内分泌代謝内科
特徴または長所

犬と猫の内分泌代謝疾患の診断・治療に力を入れております。各種内分泌試験、副腎・甲状腺・上皮小体の超音波検査など、適切な診断試験を実施するとともに、最新の情報に基づき治療を行います。多飲多尿、電解質異常、糖代謝異常、高脂血症の鑑別診断についてもご相談ください。

連絡先 研究室(058)293-3467 または動物病院事務部まで
獣医内科学研究室

髙島 諭Satoshi TAKASHIMA

専門分野
  1. 腎泌尿器疾患
  2. 門脈疾患
特徴または長所
  1. 腎泌尿器疾患
    腎・泌尿器の異常を確定できない症例でも、当院の施設を利用した精査により診断できる場合があります。確定診断により、治療方針決定の判断材料を得ることができるとともに、当院と連携した治療も可能となります。
  2. 門脈疾患
    臨床症状(神経症状、発育不良、泌尿器症状など)から門脈体循環シャント(PSS)が疑われる場合には、門脈造影CT検査により本症を確定することが可能です。門脈造影CT検査は、異常血管の走行や位置を立体的に把握できるため、PSSの外科的治療の進行と成功に大きく貢献します。
連絡先 動物病院事務部まで
獣医内科学研究室

小畠 結Yui KOBATAKE

専門分野
  1. 末梢神経疾患
  2. 神経筋接合部疾患
  3. 筋疾患
特徴または長所
  1. 末梢神経疾患
    末梢神経機能を定量的に評価できる誘発電位検査を取り入れ、適切な診断および治療効果の判定を実施しています。
  2. 神経筋接合部疾患
    血中マーカー測定や覚醒下でのテンシロンテストに加え、誘発電位検査下でのテンシロンテストを実施することで、診断感度の向上に努めています。
  3. 筋疾患
    筋疾患を疑う症例に対しては、針筋電図検査により予め罹患筋を特定してから筋生検を行っています。

神経疾患、筋疾患または関節疾患のいずれなのか判断が難しい症例についてもご相談ください。

連絡先 動物病院事務部まで