岐阜大学動物病院

診療

岐阜大学動物病院 診療科目:腫瘍科

現在ペットの高齢化とともに、「がん」に対して治療を行う機会が急増しています。岐阜大学の腫瘍科では、腫瘍性疾患に対して、外科治療、抗癌剤による化学療法、および放射線治療を効果的に連携させた集学的な治療を行い、成果を上げています。放射線治療はリニアック(高エネルギー型放射線治療器)による先進的治療を行っています。また、がん治療においては緩和治療も重要な役割を担っております。完治が難しい場合も、飼い主さまと十分に話し合って、動物のQOL (生活の質) を維持できるよう、積極的な緩和治療を行っています。

腫瘍科について詳しくはこちら腫瘍科

腫瘍科では、腫瘍性疾患の診断および治療において、高度な手技および知識を持った獣医師の育成に力を入れています。腫瘍科 非常勤獣医師の職務・研修内容はこちらです。