産業動物臨床 獣医学生応援プロジェクト

畜産等分野における全国的実習システムの構築の背景と目的

口蹄疫、鳥インフルエンザ、牛海綿状脳症(BSE)、等の発生を契機に、臨床現場において産業動物獣医師に対する社会ニーズが高まり、産業動物の取り扱いに対応できる獣医師の不足が明らかとなりました。その背景として、産業動物臨床教育における大学間格差が存在し、日本全体でみた場合、産業動物臨床に必要な知識・技能を体系的に習得する教育体制が不足していることがわかりました。 本事業では、家畜伝染病等に実践的に対応可能な獣医師を養成することを目的として、獣医学部学生を対象とした「総合的産業動物臨床実習システム」を構築しています。

この事業を引き継ぎ、本事業では、学生が実習を通じて、家畜防疫・保健衛生獣医師と産業動物臨床獣医師との連携の重要性を認識し、家畜防疫・保健衛生獣医師にとって必要な感染症及び環境衛生に関する基本的な知識・技術に加えて、疾患の診断や治療のための専門知識や技術も習得することになります。さらに産業動物臨床獣医師にとって必要な疾患の診断や治療のための専門知識や技術を学び、社会的ニーズに対応した公共獣医事を担う獣医師の養成が可能になるとともに、産業動物臨床獣医師の意義・魅力を知る機会が増大し、この分野に就業する獣医師の増加を目的としています。

ホームページ

獣医学生のみなさまへ

NOSAI夏期臨床実習とは?
スタンダード編への申込み
ステップアップ編への申込み
参加学生の声
困ったときは
参加の手引きをダウンロード

教員のみなさまへ

NOSAI夏期臨床実習へのご協力のお願い

平成26年度~平成28年度 大学における公共獣医事教育推進委託事業(文部科学省)
分野2 畜産等分野における全国的実習システムの構築

このWebサイトは、全国の獣医学生を対象とした畜産等分野における全国的実習システムのサイトです。 運営:岐阜大学 応用生物科学部 共同獣医学科