岐阜大学動物病院

診療

岐阜大学動物病院 院診療科目:整形外科

整形外科では犬と猫の運動器疾患に対して、正しい診断と的確な適応のもと、安全性の高い医療を提供することを目指しています。厳密なペインコントロールと、適切な術後ケアを行うことにより、早期の回復をサポートしています。

整形外科の獣医師紹介

獣医臨床放射線学研究室

岩田 宗峻Munetaka IWATA

専門分野
  1. 股関節外科
    ■おもな疾患:股関節脱臼、大腿骨頭壊死症、大腿骨頭の成長板骨折、変形性関節症など
    ■治療方法:非観血的整復(吊り包帯)、大腿骨頭切除術、トグルピン法など
  2. 膝関節外科
    ■おもな疾患:前十字靭帯断裂、膝蓋骨脱臼、脛骨粗面の成長板剥離骨折など
    ■治療方法:TPLO、関節外制動術、滑車溝形成術、関節包縫縮術、脛骨粗面転移術、縫工筋切離術、矯正骨切り術、テンションバンドワイヤー法など
  3. 肩関節外科
    ■おもな疾患:肩関節脱臼、変形性関節症、上腕二頭筋腱炎など
    ■治療方法:非観血的整復(吊り包帯)、アンカースクリューを使用した安定化術、肩関節固定術(チタン製プレートを使用)、切除関節形成術、上腕二頭筋腱切除術など
  4. 肘関節外科
    ■おもな疾患:肘関節脱臼、内側鈎状突起離断、肘突起癒合不全など
    ■治療方法:アンカースクリューを使用した安定化術、インプラントを使用した整復、骨片の除去など
  5. 前肢および後肢の外科
    ■おもな疾患:長管骨骨折、骨盤骨折、手根関節脱臼、浅指屈筋腱脱臼、成長板早期閉鎖による成長障害など
    ■治療方法:プレート固定、手根関節固定術、関節包縫縮術、矯正骨切り術など
  6. 整形外科領域の内科疾患
    ■おもな疾患:関節炎(非感染性、感染性など)、変形性関節症、骨形成不全症候群など
    ■治療方法:免疫抑制療法、抗炎症療法など(関節構造の破壊に伴い、生活の質が低下する場合は、関節固定術などの手術が適用されることがあります。)

※顎顔面の骨折は歯科・口腔外科、脊椎骨折は神経科での対応となります。

連絡先 動物病院事務部まで