研究・業績紹介

研究

現在、我々は以下のテーマで研究を行っています。これらの研究の一部は、共同獣医学科獣医臨床放射線学研究室の活動として行なわれています。

業績

2017年

原著論文

  1. Kohyama M, Kitagawa M, Kamishina H, Kobatake Y, Yabuki A, Sawa M, Kakita S, Yamato O. Degenerative myelopathy in the Collie breed: a retrospective immunohistochemical analysis of superoxide dismutase 1 in an affected Rough Collie, and a molecular epidemiological survey of the SOD1:c.118G>A mutation in Japan. J Vet Med Sci. in press.
  2. Kobatake Y, Sakai H, Tsukui T, Yamato O, Kohyama M, Sasaki J, Kato S, Urushitani M, Maeda S, Kamishina H. Localization of a mutant SOD1 protein in E40K-heterozygous dogs: Implications for non-cell-autonomous pathogenesis of degenerative myelopathy. J Neurol Sci. 2017 15;372:369-378.
  3. Nakata K, Miura H, Sakai H, Mori T, Shibata S, Nishida H, Maeda S, Kamishina H, Vertebral replacement for the treatment of vertebral osteosarcoma in a cat, J Vet Med Sci. 2017 Jun 10;79(6):999-1002.
  4. Fluorescein sodium-guided resection of intracranial lesions in 22 dogs.
    Nakano Y, Nakata K, Shibata S, Heishima Y, Nishida H, Sakai H, Yano H, Kamishina H.
    Vet Surg. 2018 Feb;47(2):302-309.

学会発表・講演

  1. 海老沢緑,石川剛司,生川幹洋,中野有希子,中田浩平,西田英高,酒井洋樹, 神志那弘明. 脳梁切開により第三脳室内腫瘍を摘出した犬の2例 第94回日本獣医麻酔外科学会(大宮)第94回日本獣医麻酔外科学会・平成29年春季合同学会第7回アワード(優秀賞)を受賞しました!
  2. 藤岡透, 中田浩平, 西田英高, 菅原卓, 綾香悦子, 神志那弘明.尾側頚部脊椎脊髄症に対する椎間ケージの脊椎伸延効果についての検討. 第94回日本獣医麻酔外科学会(大宮)
  3. 中野有希子, 戸田なつき, 海老沢緑, 柴田早苗, 西田英高, 成田正斗, 神志那弘明. V-Pシャント設置術を行った第四脳室クモ膜憩室の犬の1例. 第94回日本麻酔外科学会(大宮)
  4. 小畠結, 西村奈緒, 酒井洋樹, 大和修, 濱本裕仁, 湯祥彦, 西田英高, 長谷川大輔, 伊藤諒子, 神志那弘明. 家族性アレキサンダー病が疑われたトイ・プードルの2例. 第43回獣医神経病学会 (東京)
  5. 西田英高, 中田浩平, 海老沢緑, 中野有希子, 前田貞俊, 神志那弘明. パグの胸腰椎後関節突起奇形に関する回顧的研究. 第43回獣医神経病学会 (東京)
  6. 西村奈緒, 小畠結, 岩名俊介, 神志那弘明, 西田英高, 大和修, 酒井洋樹. 犬のアレキサンダー病の一例. 中部地区獣医師大会(富山)
  7. 小畠結, 西田英高, 酒井洋樹, 大和修, 西飯直仁, 前田貞俊, 神志那弘明. イヌの変性性脊髄症におけるクロモグラニンAの局在. 第160回日本獣医学会学術集会(鹿児島)
  8. 神志那弘明. 教育講演「脊椎・脊髄外科の診断・治療のアップデート」 第17回日本臨床獣医学フォーラム年次大会(東京)
  9. 神志那弘明. 教育講演「これだけ押さえる!動物看護師のための神経疾患」 第17回日本臨床獣医学フォーラム年次大会(東京)
  10. K. Nakata, K. Heishima, O. Yamato, Y. Furusawa, H. Nishida, S. Maeda, H. Kamishina. Plasma microRNA for diagnostic biomarkers of canine degenerative myelopathy, The 30th ESVN-ECVN Annual Symposium (ヘルシンキ)
  11. 西田英高:教育講演「脊髄疾患Ⅰ-Ⅲ」.第43回獣医神経病学会(東京)
  12. 西田英高:パネルディスカッション「ハンセンタイプⅡ型椎間板ヘルニアの病態、診断および治療」第95回日本獣医麻酔外科学会(愛知)
  13. 西田英高:教育講演「脊髄再生の道のりと今後の展望」第 13 回日本獣医再生医療学会年次大会(横浜)
  14. 西田英高:教育講演「幹細胞由来液性因子を用いた治療戦略」第 13 回日本獣医再生医療学会年次大会(横浜)
  15. 西田英高:教育講演「リハビリテーションマスター:神経疾患の理学療法について」第14回日本獣医内科学アカデミー学術大会(横浜)
  16. 西田英高:教育講演「脳脊髄液の採取の方法と診断への応用」第14回日本獣医内科学アカデミー学術大会(横浜)
  17. 神志那弘明.教育講演「脳外科に必要な外科解剖学」第95回日本獣医麻酔外科学会(名古屋)
  18. 藤岡透, 中田浩平, 西田英高, 菅原卓, 前田貞俊, 神志那弘明. 犬の脊椎固定術に用いるカスタムメイドドリルガイドの有用性に関する研究. 第95回日本獣医麻酔外科学会(名古屋)
  19. 海老沢緑, 高橋邦昭, 中野有希子, 中田浩平, 西田英高, 後藤みなみ, 岸本拓也, チェンバーズ ジェームズ, 内田和幸, 神志那弘明. 神経系細胞への分化を示した悪性グリオーマの犬の1例. 第95回日本獣医麻酔外科学会(名古屋)
  20. 神志那弘明. 動物遺伝子疾患研究会設立記念シンポジウム. 「犬の変性性脊髄症DMの現状と将来」. 第38回動物臨床医学会年次大会(大阪)
  21. 神志那弘明. シンポジウム「大学の講義を実況中継!~神経疾患の基礎~ 脳疾患」. 平成29年度日本獣医師会獣医学術学会年次大会(別府)

その他執筆

  1. 中田浩平, 神志那弘明, 「変性性脊髄症」, SA Medicine, Interzoo, 19(2):52-55, 2017
  2. 神志那弘明編著. CLINIC NOTE BOOKS 「3ステップで考える犬と猫の神経疾患の診断アプローチ」. Interzoo

2016年

原著論文

  1. Oyake K, Kobatake Y, Shibata S, Sakai H, Saito M, Yamato O, Kushida K, Maeda S, Kamishina H. Changes in respiratory function in Pembroke Welsh Corgi dogs with degenerative myelopathy. J Vet Med Sci. 2016 Sep 1;78(8):1323-7.
  2. Nishida, H., Tanaka, H., Kitamura, M., Inaba, T. and Nakayama, M.: Methylprednisolone sodium succinate reduces spinal cord swelling, but has no effect of recovery in dogs with surgically treated intervertebral disc herniation. 2016 Jpn. J. Vet. Res. 64:191-196.
  3. Kim, D., Choi, H., Nishida, H., Oh, J. Y., Carl, G., Lee, R. H., Yu, J. M., Watanabe, J., An, S. Y., Bartosh, T. J. and Prockop, D. J.: Scalable production of a multifunctional protein (TSG-6) that aggregates with itself and the CHO cells that synthesize it. 2016 PLoS One 11:e0147553.
  4. Kim, D. K.*, Nishida, H.*, An, S. Y., Shetty, A. K., Bartosh, T. J. and Prockop, D. J. : Chromatographically isolated CD63+CD81+ extracellular vesicles from mesenchymeal stromal cells rescue cognitive impairments after TBI. 2016 Proc. Natl. Acad. Sci. U. S. A. 113:170-175. *D. K. K. and H. N. contributed equally to this work.

学会発表・講演

  1. 藤岡透, 山形静夫, 大仲佳子, 山野茂樹, 海老沢緑, 中野有希子, 中田浩平, 酒井洋樹, 後藤匠, 森崇, 神志那弘明. 手術後にテモゾロミドを投与した悪性グリオーマの3症例. 第26回中部小動物臨床研究会年次大会(名古屋)
  2. 中野有希子, 海老沢緑, 中田浩平, 柴田早苗, 酒井洋樹, 平島康博, 神志那弘明. 脳腫瘍摘出術におけるフルオレセインを用いた腫瘍染色の安全性と有用性に関する検討. 第92回日本麻酔外科学会2017年春季合同学会(大宮)第92回日本獣医麻酔外科学会・平成28年春季合同学会第5回アワード(優秀賞)を受賞しました!
  3. 海老沢緑, 川口真理子, 中野有希子, 中田浩平, 西田英高, 酒井洋樹, 柴田早苗, 神志那弘明. 異所性脈絡叢組織を伴った頭蓋内嚢胞の犬の1例 第93回日本獣医麻酔外科学会(大宮)
  4. 中田浩平, 酒井洋一, 米丸加余子, 酒井洋樹, 西田英高, 前田貞俊, 神志那弘明, 真空現象により脊柱管内に気体貯留を認めた犬の一例. 日本獣医画像診断学会(大宮)
  5. 中野有希子, 柄本浩一, 渡辺法和, 柴田早苗, 酒井洋樹, 神志那弘明. 脳腫瘍の髄腔内播種が疑われたフレンチブルドッグの3例. 第93回日本麻酔外科学会2017年秋季合同学会(福岡)
  6. Nakata K, Heishima K, Nishida H, Maeda S, Kamishina H, Expression profiling of plasma microRNAs in canine degenerative myelopathy, Sapporo Summer Seminar for One Health(Sapporo)
  7. 海老沢緑,川口真理子,中野有希子,中田浩平,西田英高,酒井洋樹,柴田早苗,神志那弘明. 異所性脈絡叢組織を伴った頭蓋内嚢胞の犬の1例 第93回日本獣医麻酔外科学会(2016年春季合同学会、埼玉)
  8. 神志那弘明. 中部小動物臨床研究発表会 教育講演「ホントに多い短頭種の神経疾患診断と治療の徹底解説」
  9. 神志那弘明. 教育講演.「コーギーの変性性脊髄症」. 獣医内科学アカデミー(横浜)
  10. 神志那弘明. 教育講演.「異常に気がつく!:神経学的検査の基本」. 獣医内科学アカデミー(横浜)
  11. 神志那弘明. ランチョンセミナー「小動物用カートの上手な使い方~特に変性性脊髄症のケアには不可欠です!~」 第17回日本臨床獣医学フォーラム年次大会(東京)
  12. 神志那弘明. 教育講演. 「神経疾患症例を扱う際の心構えと注意点」第18回日本臨床獣医学フォーラム東北地区大会(仙台)
  13. 神志那弘明. 教育講演. 「覚えておきたい神経外科と医工技術を活用した新しい神経外科」第18回日本臨床獣医学フォーラム東北地区大会(仙台)
  14. 神志那弘明. 教育講演. 「症状から診る!「オシッコが変です」~神経編~」West Japan Veterinary Forum第7回大会(大阪)
  15. 神志那弘明. 教育講演. 「神経学的エマージェンシー~脊髄編~」West Japan Veterinary Forum第7回大会(大阪)

その他執筆

  1. 小畠結, 西田英高. UK VET翻訳 犬の変性性脊髄症のアップデート. J-VET.
  2. 藤田直己、西田英高. 犬と猫の神経病学 総論・技術編 「神経再生医療」 緑書房
  3. 神志那弘明. 犬と猫の神経病学 各論編 「変性性脊髄症」緑書房

2015年

原著論文

  1. Naito E, Kudo D, Sekine S, Watanabe K, Kobatake Y, Tamaoki N, Inden M, Iida K, Ito Y, Hozumi I, Shibata T, Maeda S, Kamishina H. Characterization of canine dental pulp cells and their neuroregenerative potential. In Vitro Cell Dev Biol Anim. 2015 Nov;51(10):1012-22.
  2. Nakamae S, Kobatake Y, Suzuki R, Tsukui T, Kato S, Yamato O, Sakai H, Urushitani M, Maeda S, Kamishina H. Accumulation and aggregate formation of mutant superoxide dismutase 1 in canine degenerative myelopathy. Neuroscience. 2015 Sep 10;303:229-40.
  3. Mashita T, Kamishina H, Nakamoto Y, Akagi Y, Nakanishi A, Harasaki Y, Ozawa T, Uemura T, Kobatake Y, Shimamura S, Kitamura N, Maeda S, Uzuka Y, Shaw G, Yasuda J. Combination of serum phosphorylated neurofilament heavy subunit and hyperintensity of intramedullary T2W on magnetic resonance imaging provides better prognostic value of canine thoracolumbar intervertebral disc herniation. J Vet Med Sci. 2015 Apr;77(4):433-8.
  4. Kudo D, Inden M, Sekine S, Tamaoki N, Iida K, Naito E, Watanabe K, Kamishina H, Shibata T, Hozumi I. Conditioned medium of dental pulp cells stimulated by Chinese propolis show neuroprotection and neurite extension in vitro. Neurosci Lett. 2015 Mar 4;589:92-7.

学会発表・講演

  1. 藤岡透, 石川剛司, 菅原卓, 土井章男, 絢香悦子, 神志那弘明. チタンケージとロッキングプレートにより治療した尾側頚部脊椎脊髄症の犬の2症例. 第25回中部小動物臨床研究会年次大会(名古屋)
  2. 中田浩平, 三浦春水, 矢田奈緒子, 森崇, 神志那弘明. 脊椎骨肉腫に対して椎体全摘出を行った猫の1例. 第25回中部小動物臨床研究会年次大会
  3. 海老沢緑, 友久学, 高橋舞子, 森崇, 酒井洋樹, 柳井徳磨, 神志那弘明. 浸潤性脂肪腫により頸髄圧迫が認められた犬の一例. 第25回中部小動物臨床研究会年次大会
  4. 小畠結, 酒井洋樹, 後藤和男, 神志那弘明. 多発性神経炎の猫の1例 . 第25回中部小動物臨床研究会年次大会
  5. 中野有希子, 海老沢緑, 中田浩平, 柳井徳磨, 酒井洋樹, 平島康博, 神志那弘明. 脳腫瘍摘出術における術中腫瘍染色法の有用性に関する検討. 第25回中部小動物臨床研究会年次大会
  6. Kobatake Y, Sakai H, Yamato O, Sasaki J, Kato S, Urushitani M, Maeda S, Kamishina H. Localization of mutant SOD1 protein in E40K heterozygous dogs: implications for DM pathogenesis. The 3rd Sapporo Summer Seminar for One Health (Sapporo)
  7. Nishida H, Kim DK, An SY, Prockop DJ. Chromatographically isolated extracellular vesicles improve behavioral defects after acute traumatic brain injury. Annual conference of The American Society for Neural Therapy and Repair, P760.
  8. 神志那弘明. 中部小動物臨床研究発表会 教育講演「神経外科の基礎:術前プランニングと基本テクニック」
  9. 神志那弘明. ランチョンセミナー「変性性脊髄症に今できること−ニューロアクト® の可能性−」. 第17回日本臨床獣医学フォーラム年次大会(東京)
  10. 神志那弘明. 教育講演. 「神経病の本質である神経徴候を見逃さないために 神経学的検査:脊髄疾患を見逃すな①」. 第17回日本臨床獣医学フォーラム年次大会(東京)
  11. 神志那弘明. 教育講演. 「神経学的検査:脊髄疾患を見逃すな①」West Japan Veterinary Forum第6回大会(大阪)
  12. 神志那弘明. 教育講演. 「神経学的検査:脊髄疾患を見逃すな②」West Japan Veterinary Forum第6回大会(大阪)

2014年

原著論文

  1. Nishida H, Nakayama M, Tanaka H, Kamishina H, Izawa T, Hatoya S, Sugiura K, Suzuki Y, Ide C, Inaba T. Evaluation of serum phosphorylated neurofilament subunit NF-H as a prognostic biomarker in dogs with thoracolumbar intervertebral disc herniation. Vet Surg. 2014 Mar;43(3):289-93.
  2. Nishida, H.: Biomarkers for neural injury and infection in small animals (review). 2014 Vet. Clin. North Am. Small Anim. Pract. 44: 1187-1199.
  3. Suzuki, Y., Ishikawa, N., Omae, K., Hirai, T., Ohnishi, K., Nakano, N., Nishida, H., Nakatani, T., Fukushima, M. and Ide, C.: Bone marrow-derived mononuclear cell transplantation in spinal cord injury patients by lumbar puncture. Restor. Neurol. Neurosci. 2014 32: 473-482.
  4. Nishida, H., Nakayama, M., Tanaka, H., Kamishina, H., Izawa, T., Hatoya, S., Sugiura, K., Suzuki, Y., Ide, C. and Inaba, T.: Evaluation of serum phosphorylated neurofilament subunit NF-H as a prognostic biomarker in dogs with thoracolumbar intervertebral disc herniation. Vet. Surg. 2014 43: 289-293.

学会発表・講演

  1. 小畠結, 酒井洋樹, 大和修, 前田貞俊, 神志那弘明. 犬変異型SOD1遺伝子ヘテロ接合体の病理組織学的特徴. 平成26年度日本小動物獣医学会 (静岡)
  2. 小畠結, 小宅香苗, 津久井利広, 酒井洋樹, 大和修, 齋藤弥代子, 漆谷真, 加藤信介, 佐々木淳, 柴田早 苗, 前田貞俊, 神志那弘明. イヌの筋萎縮性側索硬化症モデルの臨床像、病理像および変異型SOD1蛋白の生化学的特性. 第37回日本神経科学大会 (神奈川)
  3. Kobatake Y, Oyake K, Tsukui T, Sakai H, Yamato O, Saito M, Urushitani M, Kato S, Sasaki J, Shibata S, Maeda S, Kamishina H. Clinical, histopathological, and biochemical characterization of the canine model of SOD1-mediated amyotrophic lateral sclerosis. The 2nd Sapporo Summer Seminar for One Health (Sapporo)
  4. 神志那弘明, 菅原卓, 矢田奈緒子, 坂田郁夫, 江崎尚基, 小岩井豊己. カスタムメイドチタンプレートにより治療した環軸椎不安定症の2例. 中部地区獣医師大会(静岡)
  5. 小畠結, 酒井洋樹, 大和修, 前田貞俊, 神志那弘明. 犬変異型SOD1遺伝子ヘテロ接合体の病理組織学的特徴. 中部地区獣医師大会(静岡)
  6. 小宅香苗, 小畠結, 柴田早苗, 大和修, 前田貞俊, 神志那弘明. 犬の変性性脊髄症における呼吸機能の経時的変化. 中部地区獣医師大会(静岡)
  7. 関悠佑, 小畠結, 浅田慎也, 藤原博孝, 神志那弘明. 特発性多発性根神経炎が疑われた犬の1例. 中部地区獣医師大会(静岡)
  8. 神志那弘明. 中部小動物臨床研究発表会 教育講演「トイ〜小型犬に増えている神経疾患〜画像診断から外科手術まで〜」
  9. 神志那弘明. 教育講演「神経疾患基礎シリーズ1:神経徴候から病変部位を判断しよう脊髄疾患」. 第16回日本臨床獣医学フォーラム年次大会(東京)
  10. 神志那弘明. 教育講演「神経疾患基礎シリーズ1:神経徴候から病変部位を判断しよう 末梢神経・筋疾患」. 第16回日本臨床獣医学フォーラム年次大会(東京)
  11. 神志那弘明. 教育講演. 「神経疾患に関連する跛行や運動失調の鑑別診断3〜運動機能障害の臨床例と治療の実際〜」West Japan Veterinary Forum第5回大会(大阪)

その他執筆

  1. 小畠結, 神志那弘明. 正しい薬物選択 1. 抗けいれん剤を使用した第一選択治療, 2. 抗けいれん剤を使用した第二選択治療とその他の抗けいれん薬および代替療法. MVM.
  2. 小畠結, 神志那弘明: 見えてくる!神経疾患へのアプローチ (第17回) Case study①. CLINIC NOTE.

2013年

原著論文

  1. Kobatake Y, Miyabayashi T, Yada N, Kachi S, Ohta G, Sakai H, Maeda S, Kamishina H. Magnetic resonance imaging diagnosis of Dandy-Walker-like syndrome in a wire-haired miniature dachshund. J Vet Med Sci. 2013 Oct;75(10):1379-81.
  2. Sato Y, Shimamura S, Mashita T, Kobayashi S, Okamura Y, Katayama M, Kamishina H, Sato R, Uzuka Y, Yasuda J. Serum glial fibrillary acidic protein as a diagnostic biomarker in dogs with progressive myelomalacia. J Vet Med Sci. 2013 Jul 31;75(7):949-53.
  3. Chang HS, Kamishina H, Mizukami K, Momoi Y, Katayama M, Rahman MM, Uddin MM, Yabuki A, Kohyama M, Yamato O. Genotyping assays for the canine degenerative myelopathy-associated c.118G>A (p.E40K) mutation of the SOD1 gene using conventional and real-time PCR methods: a high prevalence in the Pembroke Welsh Corgi breed in Japan. J Vet Med Sci. 2013;75(6):795-8.
  4. Watanabe, J., Shetty, A. K., Hattiangady, B., Kim, D., Foraker, J. E., Nishida, H. and Prockop, D. J.: Administration of TSG-6 improves memory after traumatic brain injury in mice. Neurobiol. Dis. 2013 59: 86-99.
  5. 西田英高,田中宏,北村雅彦,栗山麻奈美,越智すなお,稲葉俊夫,中山正成: 長期にわたって胸腹水が認められた犬の卵巣腫瘍の1例.日本獣医師会雑誌 66: 190-193, 2013.

学会発表・講演

  1. 小畠結, 漆谷真, 加藤信介, 酒井洋樹, 大和修, 津久井利広, 鈴木理恵子, 前田貞俊, 神志那弘明. イヌ変性性脊髄症に認められる変異型SOD1蛋白 (E40K)に対するモノクローナル抗体の作成と特異性の解析. 第156回日本獣医学会学術集会 (岐阜)
  2. 小畠結, 中前小百合, 原田敢, 河村篤紀, 海老沢緑, 高橋邦明, 平島康博, 酒井洋樹, 大和修, 前田貞俊, 神志那弘明. 変性性脊髄症が疑われたワイアーヘアードフォックステリアの3例. 動物臨床医学会年次大会 (大阪)
  3. 神志那弘明. 中部小動物臨床研究発表会 教育講演「よくみる脊髄疾患の診断と治療」
  4. 神志那弘明. シンポジウム:各診療科スペシャリストからみた画像検査の活用法「神経疾患に対する画像検査の活用法」.第54回日本獣医画像診断学会(岐阜)
  5. 神志那弘明. 教育講演.「知らないと困る変性性脊髄症」. 獣医内科学アカデミー(横浜)
  6. 神志那弘明. 教育講演.「明日からできるCSF検査」. 獣医内科学アカデミー(横浜)
  7. 神志那弘明. 教育講演. 「脊髄疾患への診断アプローチと変性性脊髄症のアップデート」第12回日本臨床獣医学フォーラム九州地区大会(福岡)
  8. 神志那弘明. 教育講演. 「神経疾患症例を扱う際の心構えと注意点」第12回日本臨床獣医学フォーラム九州地区大会(福岡)
  9. 神志那弘明. 教育講演. 「[徹底攻略]小脳前庭疾患はこれで怖くない! このシリーズでパーフェクトにしよう!小脳・前庭疾患 -病態生理学-」West Japan Veterinary Forum第4回大会(大阪)
  10. 神志那弘明. 教育講演. 「[徹底攻略]小脳前庭疾患はこれで怖くない! このシリーズでパーフェクトにしよう!小脳・前庭疾患 -病気の診断-」West Japan Veterinary Forum第4回大会(大阪)

その他執筆

  1. 小畠結, 神志那弘明. 見えてくる!神経疾患へのアプローチ (第10回) 顔面神経麻痺と三叉神経麻痺へのアプローチ. Clinic note.

2012年以前(抜粋)

原著論文

  1. Fukuoka H, Sasaki J, Kamishina H, Sato R, Yasuda J, Katayama M, Tohyama K, Ohshida M, Goryo M. Gliomatosis cerebelli in a Saint Bernard dog. J Comp Pathol. 2012 Jul;147(1):37-41.
  2. Nishida, H., Shoji, Y., Nakamura, M., Hatoya, S., Sugiura, K., Yamate, J., Kuwamura, M., Kotani, T., Nakayama, M., Suzuki, Y., Ide, C. and Inaba, T.: Evaluation of methods for cell harvesting and the biological properties at successive passages of canine bone marrow stromal cells. Am. J. Vet. Res. 2012 73: 1832-1840.
  3. Nishida, H., Nakayama, M., Tanaka, H., Kitamura, M., Hatoya, S., Sugiura, K., Suzuki, Y., Ide, C. and Inaba, T.: Evaluation of transplantation of autologous bone marrow stromal cells into the cerebrospinal fluid for treatment of chronic spinal cord injury in dogs. Am. J. Vet. Res. 2012 72: 1118-1123.
  4. Nishida, H., Nakayama, M., Tanaka, H., Kitamura, M., Hatoya, S., Sugiura, K., Harada, Y., Suzuki, Y., Ide, C. and Inaba, T.: Safety of autologous bone marrow stromal cell transplantation in dogs with acute spinal cord injury. Vet. Surg. 2012 41: 437-442.
  5. Ogawa M, Uchida K, Park ES, Kamishina H, Sasaki J, Chang HS, Yamato O, Nakayama H.Immunohistochemical observation of canine degenerative myelopathy in two Pembroke Welsh Corgi dogs. J Vet Med Sci. 2011 Oct;73(10):1275-9.
  6. Kamishina H, Cheeseman JA, Farese JP, Milner RJ, Clemmons RM. Migration and differentiation of canine bone marrow stromal cells transplanted into the developing mouse brain. J Vet Med Sci. 2010 Mar;72(3):353-6.
  7. Kamishina H, Ogawa H, Katayama M, Yasuda J, Sato R, Tohyama K. J Spontaneous regression of a cervical intraspinal cyst in a dog. Vet Med Sci. 2010 Mar;72(3):349-52.
  8. Nishida, H., Tanaka, H., Kitamura, M., Hatoya, S., Sugiura, K., Inaba, T. and Nakayama, M.: Three cases of idiopathic sterile pyogranulomatous inflammation of epidural fat in miniature dachshunds. J. Vet. Med. Sci. 74: 1071-1074, 2012.

学会発表・講演

  1. 小畠結, 杉本由紀, 長谷晃輔, 植村隆司, 中本裕也, 長谷川大輔, 内田和幸, 小澤剛. 特異な増殖形態を示した組織球症の犬の 1 症例. 平成24年日本小動物獣医学会 (大阪)
  2. 小畠結, 大森賢吾, 中本裕也, 長谷晃輔, 小澤剛. 胆嚢破裂を起こした犬の1例. 第31回動物臨床医学会で発表 (大阪)
  3. 小畠結, 神志那弘明, 植村隆司, 佐藤れえ子, 安田準, Gerry Show. 脊髄損傷後の血中ニューロフィラメント濃度と後肢運動機能の経時的変化:ラット脊髄挫傷モデルにおける検討. 日本小動物獣医学会 (東北地区) (青森)
  4. 小畠結, 神志那弘明, 片山泰章, 百田豊, 佐藤れえ子, 安田準, 植村隆司, Shaw Gerry. 犬ニューロフィラメント (NF-H) の測定:測定系の確立と脊髄損傷バイオマーカーとしての意義. 第147回日本獣医学会学術集会 (栃木)
  5. 山田修平, 酒井洋樹, 千村直輝, 漆谷真, 大和修, 加藤信介, 内田和幸, 小川瑞恵, 前田貞俊, 神志那弘明. イヌの変性性脊髄症におけるミクログリアの組織学的解析と細胞傷害因子の定量. 第154回日本獣医学会学術集会(岩手)
  6. 中前早百合, 漆谷真, 加藤信介, 酒井洋樹, 大和修, 内田和幸, 小川瑞恵, 津久井利広, 鈴木理恵子, 前田貞俊, 神志那弘明. イヌの変性性脊髄症における変異型SOD1蛋白凝集体の証明. 第154回日本獣医学会学術集会(岩手)
  7. 並木まり子, 漆谷真, 大和修, 津久井利広, 鈴木理恵子, 加藤信介, Janice Robertson, Kate Banks, 前田貞俊, 神志那弘明. イヌの変性性脊髄症に認められる変異型SOD1蛋白の生化学的解析. 第154回日本獣医学会学術集会(岩手)
  8. 神志那弘明. シンポジウム. 「動物疾患と遺伝:ゲノム情報を臨床に生かす時代」ウェルシュ・コーギーの変性性脊髄症. 獣医学術学会年次大会(札幌)
  9. 神志那弘明. 教育講演. 「“大流行”の遺伝子疾患:変性性脊髄症(DM)」獣医内科学アカデミー(横浜)
  10. 神志那弘明. 教育講演. 「臨床徴候から診断へのアプローチ「前肢・後肢の麻痺」」獣医内科学アカデミー(横浜)
  11. 神志那弘明. 教育講演「変性脊髄症」. 第14回日本臨床獣医学フォーラム年次大会(東京)

その他執筆

  1. 小畠結, 神志那弘明. 見えてくる!神経疾患へのアプローチ (第2回) シグナルメントと問診から得られる情報. Clinic note
  2. 小畠結, 酒井洋一, 佐々木一益, 中本裕也,  西田英高, 長谷生子, 矢田奈緒子. 症状からみる 小動物の神経疾患, 神志那弘明, 株式会社インターズー, p.262-293.
  3. 小畠結, 杉本由紀, 長谷晃輔, 小澤剛. 胆嚢粘液嚢腫により胆嚢破裂を起こした犬の1例. インフォベッツ

臨床放射線学研究室では一緒に研究をしてくれる大学院生を随時募集しています。

研究室に関する情報は研究室ホームページをご覧ください。

ページトップへ

岐阜大学附属動物病院 神経科

お問い合わせ

ご寄付のお願い

岐阜大学動物病院【岐阜大学応用生物科学部附属】