岐阜大学動物病院

診療

岐阜大学動物病院 院診療科目:外科

外科診療科では、消化器外科、肝臓胆嚢外科、循環器外科、整形外科、泌尿器・生殖器外科、歯科・口腔外科、体表ヘルニアを中心とした診断・治療を行っております。CTやCアーム、内視鏡、デンタルユニットといった機器を備え、これらを用いた高度医療に対応することが可能です。研修獣医師は随時募集しています。

外科の獣医師紹介

獣医外科学研究室

渡邊 一弘Kazuhiro WATANABE

専門分野
  1. 歯科
    予防歯科治療、根尖周囲病巣の治療、口腔鼻腔瘻、難抜歯、乳歯遺残、猫の全臼歯・全顎抜歯、歯周外科治療など。
  2. 口腔外科
    顎骨骨折整復、軟口蓋裂・硬口蓋裂・口唇裂の整復、軟口蓋過長の整復、唾液瘤(唾液粘液嚢胞)による大唾液腺および小唾液腺の摘出、歯原性嚢胞など顎嚢胞の摘出、腫瘍による顎骨の部分切除および全切除など。
  3. 体表ヘルニア
    難治性の会陰ヘルニア、鼡径ヘルニアの整復など。
  4. その他の軟部外科
    消化器外科、泌尿・生殖器外科など。

メッセージ

すでに診断がついている場合は、来院当日に手術を行う場合があります。また、口腔内疾患の検査には必ず鎮静が必要です。そのため、絶食(12時間)・絶飲(3時間)での来院をお願いいたします。

著書

犬と猫の歯科治療に関する著書です。岐阜大学動物病院での歯科・口腔外科に関する治療症例や術式を数多く紹介しています。どのような治療が行われているか、参照ください。

■ステップアップ 犬と猫の臨床歯科
-口腔疾患の治療-
エデュワードプレス(東京),
2009 (ISBN978-4-89995-545-0 C3047).
■イラストを読む 犬と猫の臨床歯科.
エデュワードプレス(東京),
2015 (ISBN978-4-89995-903-8 C3047).
■雑誌
全国の動物病院に無料配布されている小動物獣医学情報誌(季刊)のSAC(共立製薬株式会社)に外科診療科スタッフの執筆による「岐阜大学動物病院外科診療科ファイル!」を毎回連載しています。どのような治療が行われているか、こちらも参照ください。
連絡先 動物病院事務部まで
獣医外科学研究室

宮脇 慎吾Shingo MIYAWAKI

専門分野
  1. 遺伝性疾患の原因遺伝子の究明と病態解析、治療。
連絡先 動物病院事務部まで
獣医外科学研究室

後藤 匠Shyo GOTO

専門分野
  1. 腫瘍外科
    皮膚・皮下腫瘍、骨腫瘍、消化器腫瘍、呼吸器腫瘍、生殖器腫瘍、内分泌腫瘍
  2. 軟部外科
    肝臓・胆嚢外科、泌尿器外科、呼吸器外科、生殖器外科
連絡先 動物病院事務部まで
獣医臨床放射線学研究室

川部 美史Mifumi KAWABE

専門分野
  1. 軟部外科
    消化器外科(肝胆道系疾患含む)、呼吸器外科、泌尿・生殖器外科、先天性疾患(門脈体循環シャント、動脈管開存症、鼠径ヘルニア、食道裂孔ヘルニアなど)、その他(乳び胸、耳道切除など)
  2. 腫瘍外科
    体表腫瘍、消化器腫瘍、呼吸器腫瘍、泌尿・生殖器腫瘍、内分泌腫瘍
  3. 緩和ケア
    褥瘡管理
連絡先 動物病院事務部まで
獣医臨床放射線学研究室

岩田 宗峻Munetaka IWATA

専門分野
  1. 整形外科
    整形外科では犬と猫の運動器疾患に対して、正しい診断と的確な適応のもと、安全性の高い医療を提供することを目指しています。当科においても麻酔科と連携し、手術を受けて頂くすべての患者様に厳密なペインコントロール(疼痛管理)を提供しております。また重い併発疾患を有する患者様に対しても、他の診療科と協力し、治療をすすめることが可能ですのでご相談ください。
    • 股関節外科
      ■おもな疾患:股関節脱臼、大腿骨頭壊死症、大腿骨頭の成長板骨折、変形性関節症など
      ■治療方法:非観血的整復(吊り包帯)、大腿骨頭切除術、トグルピン法など
    • 膝関節外科
      ■おもな疾患:前十字靭帯断裂、膝蓋骨脱臼、脛骨粗面の成長板剥離骨折など
      ■治療方法:TPLO、関節外制動術、滑車溝形成術、関節包縫縮術、脛骨粗面転移術、縫工筋切離術、矯正骨切り術、テンションバンドワイヤー法など
    • 肩関節外科
      ■おもな疾患:肩関節脱臼、変形性関節症、上腕二頭筋腱炎など
      ■治療方法:非観血的整復(吊り包帯)、アンカースクリューを使用した安定化術、肩関節固定術(チタン製プレートを使用)、切除関節形成術、上腕二頭筋腱切除術など
    • 肘関節外科
      ■おもな疾患:肘関節脱臼、内側鈎状突起離断、肘突起癒合不全など
      ■治療方法:アンカースクリューを使用した安定化術、インプラントを使用した整復、骨片の除去など
    • 前肢および後肢の外科
      ■おもな疾患:長管骨骨折、骨盤骨折、手根関節脱臼、浅指屈筋腱脱臼、成長板早期閉鎖による成長障害など
      ■治療方法:プレート固定、手根関節固定術、関節包縫縮術、矯正骨切り術など
    • 整形外科領域の内科疾患
      ■おもな疾患:関節炎(非感染性、感染性など)、変形性関節症、骨形成不全症候群など
      ■治療方法:免疫抑制療法、抗炎症療法など(関節構造の破壊に伴い、生活の質が低下する場合は、関節固定術などの手術が適用されることがあります。)

※顎顔面の骨折は歯科・口腔外科、脊椎骨折は神経科での対応となります。

連絡先 動物病院事務部まで